ISMでボッコボコ ヘ(#゚Д゚)┌θ)゚ロ゚)ノ

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

506人の購読者に加わりましょう

スポンサードリンク

 


【元手1万円でFX始めてみた】

おはこんばんにちは!うたまるGTです(´-`*)

今週も1週間が終わりましたが、月の始め2月1日の昨日はズタボロでした。

1月31日の『FOMC』は運良く取ることが出来たんですが、昨日のイベント『米雇用統計』は参加できず、『ISM製造業景況指数』の方は散々でした。

FOMC (エフオーエムシー)
FOMCとは、Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略で、アメリカの金融政策を決定する会合のことです。日本では、「日銀金融政策決定会合」で金融政策を決定していますが、それに当たるものがFOMCなのです。
FOMCは、年に8回開催され、現在の景況判断と政策金利(FF金利)の上げ下げなどの方針が発表されます。その結果が市場の予想とは違った場合には、株式市場や為替レートが大きく変動することがあり、世界の金融マーケットにも大きな影響を及ぼします。
(SMBC日興証券より引用)

米雇用統計
アメリカの雇用情勢を示す統計で、景気状況を探るうえで最も重要な指標のひとつです。原則、毎月第1金曜日にアメリカ労働省から発表されます。政府から最初に発表される前月の指標で、アメリカの景気の実体を表す最新の数値として、外国為替、株式、金利などのマーケットにも影響を与えるため、市場関係者が注視しています。中でも最も注目される数字は、非農業部門雇用者数と失業率です。概してこの数字が事前の予想に対して期待以上であれば相場は好転し、逆に期待外れだと悪化する傾向にあります。
※毎月第1金曜日(夏時間:日本時間午後9時半、冬時間:日本時間午後10時半)発表。
(SMBC日興証券より引用)

ISM製造業景況指数
ISM(Institute for Supply Management)製造業景況感指数(Manufacturing Report on Business)とは、全米供給管理協会(ISM)が公表しているアメリカの製造業の景況感を示す指数のことをいいます。300を超える製造業企業に対して「新規受注、生産、雇用、入荷状況、在庫」といった項目に関するアンケートを実施して、回答結果から指数を算出しています。最新の状況を表し、しかも精度が高いとして信頼度も高いものになっています。一般に、数値が50を上回ると景気拡大、50を下回ると景気後退と判断されます。
※毎月第1営業日に発表。(SMBC日興証券より引用)

※金額が低すぎてピンとこないと思うので、×10倍or100倍に脳内変換してください。

事前にイベント情報を知らなかったこともあって、全く動かない市場の中、変なとこでポジションを持ったせいで赤い数字のオンパレード。

米雇用統計(22:30)の時間にはポンドをポジってたせいで参加できず。

コチラに関してはちょっと上がっただけで、すぐに戻りましたね。

ISM(24:00)には参加しようとスタンバイ。

FOMCの時みたいに落ちるのかなと空売りでポジったらバイーンと上がっちゃいました・・・

щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!

結果論だけど、この形を見るに上っぽいよなー。なんで下行っちゃったんだろう。

とは言っても、週明けに多少は落ちてくるんじゃないかなと損切はしてないです。

ただ、上の画像を見るにそんなに落ちないような気もするし、スワップポイント(金利)でマイナス付くし、早々に見切るべきなんでしょうね。

この1万円が1ヵ月でいくらになるかチャレンジも残りあと1週間なんで、来週こそはプラスの収支で終わりたいですね(*´з`)

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村