2018.9.22タイラバゲームIN姫島沖

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

530人の購読者に加わりましょう

スポンサードリンク

 


おはこんばんにちは!うたまるGTです(´-`*)

二日も経っちゃいましたが、一昨日は久しぶりに遊漁船に乗ってタイラバに行ってきました☆

家から車で3分という激近の港より7時に出船。

今回は初めて乗る遊漁船ですが、気さくで親切な船長さんでした(´-`*)

先ずは近場からということで、よく行く釣り場の沖からスタート。

しかし、全く当たり無し・・・チ───(´゚ェ゚`)───ン

渋いながらも周りはちらほらと、70cmを超えるだろう大鯛を釣られている方もいました ヒソヒソ(;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)スゴィヮネ,,,

依然として平和を保っている僕は前半の3時間は睡魔との闘い・・・( ゚Д゚)ネムヒー


まぁ、眠りに落ちるのと同時に海にも・・・(。-ω-)zzz. . . (。゚ω゚) ハッ!

そんなこんなで前半の苦行を乗り越え後半戦へ・・・。

後半戦は船を走らせ実績の高い大分県は姫島沖。

お金払ってきてる以上、手ぶらで帰るわけにはいかねー

てことで、タイラバのスカートを当たりが出るまで変えまくる作戦を決行!

・・・・・・

そして、一周回って一番初めに使ってたカラーで遂にヒットd(゚ー゚*)o

その後はコンスタントに鯛やらコチやらフグやらが遊んでくれました(´-`*)

コイツは記録更新の62.9㎝☆ナイスファイトでした!

コイツはラスト10分で喰ってきたファイナル真鯛☆

全然釣り関係ないんだけど、眼鏡掛けると左側が下がるんだよね(。-`ω´-)ンー
耳の高さが左右非対称なのだろうか。。

まぁ、前半はしんどかったですが、真鯛が4匹、コチが1匹、グーフー1匹というまずまずの釣果でしたヽ(゚ー゚*ヽ)(ノ*゚ー゚)ノ

いやぁー、楽しかった╰(*´︶`*)╯

そして、帰宅後は即爆睡(。-ω-)zzz

起きたら夜中の1時半…小さい魚は嫁さんが捌いてくれていたので大きいヤツをやっつける!

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

はい、2時間ぐらい掛かったー( 〇□〇)ハァハァ

とりあえず、ウチでこんなに食べれないので兄弟だったり知り合いに配るんば!

そんな感じで、なかなか最高な一日でした◎


大した道具は使ってないんだけど、参考までにタックル紹介です。

ロッドとリールは釣り具のポイントで有名な【タカミヤ】のプライベートブランド《REALMETHOD》のコスパ最強なモノです。

2016年正月の『タイラバ福袋』に入ってたヤツを使ってます(´-`*)

〇ロッド  REALMETHOD TAIRABA−PREMIUM 68M
〇リール  REALMETHOD ギガソルト HG 左ハンドル
〇ライン  デュエル ハードコアX8 PE0.8号 200m
〇リーダー  REALMETHOD フロロ4号
〇タイラバ  ジャッカル 鉛式ビンビン玉スライド 60g~80gを使用

もし、これを参考にタックルを買われる方がいらっしゃったら使った感想として、ロッドに関してはM(ミディアム)は柔らかすぎるのでMH(ミディアムハード)の方をおすすめします。

REALMETHOD TAIRABA−PREMIUM 68MH

向こう合わせのタイラバゲームには違和感無く乗せることのできる柔らかめのロッドが相性良いので、乗せ調子としてはかなり良いです。
ファイト時もバット部分から弧を描くように曲がるのでビジュアル的にも絵になります。
(下図で言うとパラボリックテーパー)

デメリットとして、Mだと柔らかすぎて60gのオモリで結構曲がるので巻くだけで疲れます。(巻く力をロッドが吸収しちゃう感じ。自転車で言うと、サス付きの自転車で立ち漕ぎをする感じ。。え?分かりづらい( ゚Д゚)?)

あとは、メリットで上げたファイト時のロッドの曲がりですが、見た目は良いけど曲がりすぎてパワー不足が否めないです。

ロッドに関してはこんな感じで、この価格でこのスペックのロッドは他メーカーではまず買えないので、メーカーを気にしない人には超おすすめです。


http://bassyan.com/b-taper.htmlさんより引用

リールに関してはHG(ハイギア)ではどうしても巻き心地が重くなるので、断然PG(パワーギア)をおすすめします。

このリールは7,000円ちょっととは思えないほどめちゃくちゃ良いです。
価格的にも性能的にもエントリーモデルとしては十分なスペックなので超おすすめです☆

タカミヤ REALMETHOD ギガソルト PG 左ハンドル

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク

 

フォローする