負ける人の心理【プロスペクト理論】とかムズイって(´-ω-`)。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

522人の購読者に加わりましょう

スポンサードリンク

 


おはこんばんにちは!うたまるGTです(´-`*)

いや~、エントリーすると逆行することが多すぎる(´Д⊂ヽ

単純にエントリーするポイントが悪すぎるんでしょうね。。

ってことで、『負ける人の心理』について色々と調べているんですが、まず出てくるのが『プロスペクト理論』ってやつ。

プロスペクト理論
人は利益を得られる場面ではリスク回避を優先し、損失をこうむる場面では損失を回避する傾向がある。
◎『1万円をもらう喜びよりも、1万円を失う心の痛みのほうが大きい。』ということ。
(色々なサイトより引用)

ここから先はwiki先生より引用。こういうことらしい↓↓↓

■質問1

あなたの目の前に、以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
①:100万円が無条件で手に入る。

②:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

質問2

あなたは200万円の負債を抱えているものとする。
そのとき、同様に以下の二つの選択肢が提示されたものとする。
①:無条件で負債が100万円減額され、負債総額が100万円となる。

②:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら負債総額は変わらない。

質問1は、どちらの選択肢も手に入る金額の期待値は100万円と同額である。にもかかわらず、一般的には、堅実性の高い「選択肢A」を選ぶ人の方が圧倒的に多いとされている。

〇質問2も両者の期待値は-100万円と同額である。安易に考えれば、質問1で「選択肢A」を選んだ人ならば、質問2でも堅実的な「選択肢A」を選ぶだろうと推測される。しかし、質問1で「選択肢A」を選んだほぼすべての者が、質問2ではギャンブル性の高い「選択肢B」を選ぶことが実証されている。

この一連の結果が意味することは、人間は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先し、損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向(損失回避性)があるということである。

質問1の場合は、「50%の確率で何も手に入らない」というリスクを回避し、「100%の確率で確実に100万円を手に入れよう」としていると考えられる。また、質問2の場合は、「100%の確率で確実に100万円を支払う」という損失を回避し、「50%の確率で支払いを免除されよう」としていると考えられる。

そんな期待値とか言われてもムズイよね~。

要は物事の本質を捉えたうえで自分をコントロールしなさいよってことだと勝手に解釈。

ただ、感情で動いてる以上は継続して勝つことは難しいんだろうなってことは分かった。

あと、認知バイアス系は結構好きなんでおすすめの本を紹介してみたり(*- -)ノヽ△ポイッ

もう一つ『億り人の名言集』ってのとか見てて気になった言葉も紹介。

《リスクなくして成功なし》

リスクは無いにこしたことはないんだけど、物事を成し遂げるにはそれ相応のリスクは付き物ですよね。PDCAをしっかりやって、例え失敗したとしても次に繋ぐ経験とすれば無問題。

《逃げた者は、もう一度戦える》

昨日のXMの件もあるし、「また戻ってくるだろう」とかって根拠の無い憶測はせずにスパっと損切りしないとなって思った。

《頭と尻尾はくれてやれ》

これね、全部頂こうと欲を出すと結局損するんだよね。

「真ん中の美味しいところをいただけたから満足♪」っていう思考にならないとな。

それにしてもFX面白い(*´▽`*)

自分のダメな部分が見えてくるって意外と面白いですね。

それが伸びしろであって、可能性ってことでしょ(´・ω・`)?

まぁ、年を取るにつれて誰も褒めてくれなくなるからポジティブシンキングやね~(∩´∀`)∩

にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村


スポンサードリンク

 

フォローする