シルバーフェザートップ前回よりもスリムにマイナーチェンジ④

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

515人の購読者に加わりましょう

スポンサードリンク

 


おはこんばんにちは!うたまるGTです(´-`*)

フェザートップ作成の続きです。

前回のブログはこちら⇒《シルバーフェザートップ前回よりもスリムにマイナーチェンジ③

今回は羽根模様の刻印を打っていきます。

タガネ作成はコチラ↓

⇒《胸焼けの中、羽根用の鏨を作成(`・ω・´)》

イメージしやすいように切り込み箇所と羽根の角度を印をマジックで印付け。

なんとなくやり易い手前から奥に向かって刻印を打っていきます。

半分ほど完成。

左の真ん中辺りが交差しちゃってますが、角度修正に失敗した跡です( 一一)

あと、このミニピッチボール色もですがなかなか厄介です。

外した後めちゃくちゃまとわりつきます(。-`ω-)

プラスチックみたいなのがへばり付いてカッチカチ…( ;∀;)

嫁さんの除光液に漬けてなんとか取れましたε-(´∀`*)ホッ

ピッチボール自体は使えるので、新たに松やにだけ購入。

そのまま上に乗っけて溶かしてみたんですが、質感が全く違いますね。

早く使ってみたいな(*´з`)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポイント5倍】高級完成松やに
価格:2268円(税込、送料別) (2019/4/22時点)

次に糸鋸で切れ込みを入れて成型です。

焼きなましをしてから木製平型溝台 に乗せ、木の棒で叩き成型。

上で使ってるのは家にあったレザクラで使用するコバ磨きの棒です。

少し飛びますが、全体の成型後に切れ込み部分の成型も行い、切れ込み部分の尖がっている3箇所をロウ付けして酸洗い後の画像です。

成型は何度も焼きなましをしては曲げての繰り返しです。

次に磨く作業ですが、順序が分からないので適当です( 一一)

調べてみると、先に真鍮ブラシで全体を磨いてからバフ掛けしていくのが良いみたいです。

見よう見真似で今回リューターに取り付けて使用したのがタンポポバフ(ミゼットバフ)の細目 、セラミックポイント#1000(10×20)コットンフランネルコットンヤーンというビット。

そして、偏光グラスを洗うのに使ってる超音波洗浄機で洗浄してから完成☆

最後に微調整で木製平型溝台を使って全体を叩いちゃったせいで切り込み部分が潰れてしまいました⊂⌒~⊃。Д。)⊃

2回目のフェザートップですが、前回と比べて出来は良くなったかとは思うんですが、切り込み部分の調整と全体のバランスの見直しは必要ですね。

もっと練習してカッコいいのを作れるようにならねば(*´▽`*)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シルバーへ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村