【2018人気】おすすめの鯛ラバロッド7選☆初心者にオススメ!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

530人の購読者に加わりましょう

スポンサードリンク

 


これから鯛ラバを始める方に《うたまるGT》おすすめの高性能なロッドをご紹介いたします。参考にしていただけたら幸いです。

そろそろレンタルタックルを卒業して、自分だけのタックルが欲しいよ!
でも、どれを買ったらいいんだろう・・・。
それなら値段もお手頃でおススメのタックルを紹介するから参考にしてみて!

鯛ラバとは?

タイラバとは真鯛釣りで用いられるルアーの一つで、元々は漁師さんが使用していた漁具が起源だと言われています。別名【鯛カブラ】とも呼ばれます。

釣り方としては、『タイラバを底まで沈め、一定のスピードで巻き上げるだけ』といたってシンプルな釣法なので初心者の方にもおすすめです。

しかし、シンプルな分巻き上げスピードなど動作の一つ一つで釣果の差が出ることもあり、意外と奥が深く中級者から上級者にもハマる方が多い釣りです。

鯛ラバロッドの選び方

基本的に鯛ラバは直下に落とすバーチカルな釣りになるため、フォール中のあたりが取りやすく、落とす釣りでの操作性に優れた『ベイトリールタイプ』が主流です。

鯛ラバ専用のタックルが多数発売されているので、専用タックルを購入することをおすすめします。

ロッドの長さ

使いやすいロッドの長さは2m前後です。専用ロッドもこのあたりのサイズが主流です。

継数(ピース)については1ピース・2ピースとありますが、持ち運びの手段などで変わってくるのでお好みで選んでいいと思います。

2ピースロッドでも通常のハーフジョイントタイプとバットジョイントタイプの2種類あり、ハーフジョイントタイプの方が携帯性は若干良くなり、バットジョイントタイプの方が1ピースロッドに近く強度であったり感度が若干良くなります。

そこまで大差はないので、このあたりもお好みで選んでいいと思います。

おすすめは?

タイラバはアタリが出ても合わせずに巻き続ける向こう合わせの釣りとなります。

初心者の方にはアタリを弾かず違和感なく乗せることのできる乗せ調子のソリッドティップがおすすめです。

鯛ラバロッドの目安として長さは6フィート8インチ(2m)前後、適合ルアーウェイトは40~100gのベイトロッドがおすすめです!

おすすめタイラバロッドはこちら!(ベイトモデル)

ダイワ 紅牙X 69XHB

●全長:206㎝
●継数:2ピース
●仕舞:109㎝
●自重:128g
●適合ルアー:60~150g
●適合ライン:PE 0.6~1.5号
●カーボン率:87%
●価格:10,000円前後

楽天市場で見る Amazonで見る

《紅牙X》は柔軟で食い込み性能に優れたカーボンソリッドの穂先に、目に見えないロッドのネジレを抑える強化構造『ブレーディングX』を採用。60g~150gのヘビータイプのタイラバに対応し、速潮やディープ攻略にも最適なパワフルモデル。
個人的にはこのスペックがおすすめですが、乗せ調子の柔らかめが好きな方はこちらのダイワ 紅牙X 69HBが良いです。


シマノ 炎月BB B69M-S

●全長:206㎝
●継数:2ピース
●仕舞:106.4㎝
●自重:105g
●適合ルアー:40~130g
●適合ライン:PE MAX1.2号
●カーボン率:89.2%
●価格:12,500円前後

楽天市場で見る Amazonで見る

ワイドに対応するオールラウンダーでありながらMAX130gの鯛ラバにも対応するパワーを兼備。水深100mクラスのディープレンジも難なくこなす。
炎月のノウハウを凝縮。ノリ調子として設計したブランクスはクッション性に優れ、安定した等速巻きを実現。さらに、アタリをハジきにくくバラしにくいオートマチック感覚で真鯛が釣れる性能は上位機種と比べても遜色なく、使うアングラーを選ばない。


タカミヤ REALMETHOD TAIRABA−PREMIUM 68MH

●全長:203㎝
●継数:2ピース-バットジョイント
●仕舞:149㎝
●自重:134g
●適合ルアー:60~150g
●適合ライン:PE MAX1.5号
●カーボン率:98%
●価格:23,000円前後

楽天市場で見る Amazonで見る

ディープエリアで活躍するモデル。速い潮流や、深場のマダイを攻略可能。MHクラスのロッドでありながら、自然な乗せから違和感を与えずフッキングに持ち込めるしなやかさを持つ。マダイの引きをロッド全体で受け止めるコシの強さが、マダイに主導権を与えないファイトを可能にする。
リアルメソッドは釣り具のポイントで有名なタカミヤのプライベートブランドです。
僕はTAIRABA−PREMIUM 68Mを使ってます。コスパ最強の個人的におすすめのロッドです。


ジャッカル ビンビンスティック RB BSC-RB66UL-TT2

●全長:199㎝
●継数:2ピース
●仕舞:104㎝
●自重:144g
●適合ルアー:MAX160g
●適合ライン:PE 0.6〜1.2号
●カーボン率:95%
●価格:17,000円前後

楽天市場で見る Amazonで見る

タイラバ/タイジギング両方に対応したチューブラーティップのタイプです。
ただ巻きでの乗りの良さとメタルジグを快適に扱う操作性を両立した汎用性のある1本です。個人的にタイラバの釣れない時間帯は結構地獄なので、両方に対応したロッドは気分転換もできて、かなり有りだと思います。


ヤマガブランクス SeaWalk Tairubber SWT-68L

●全長:207㎝
●継数:2ピース-バットジョイント
●自重:163g
●適合ルアー:MAX100g
●適合ライン:PE MAX1.2号
●カーボン率:81.2%
●価格:30,000円前後

楽天市場で見る Amazonで見る

波の高い外洋や潮流場でのドテラ流しなど、高負荷なフィールドでのタイラバゲームに対応する為に繊細なティップとパワーバットを融合した2ピースモデル。ワンピースモデルに比べると先調子の設定ながら、大鯛の激しい突っ込みもスムーズなパワー移行でしっかりと受け止めます。近海から外洋まで対応するユーティリティーモデルに仕上がっています。バットジョイントならではのバツンとしたバットパワーは電動リールを使用したタイラバ・サーベリングにも対応できます。


ダイワ 紅牙AIR N71HB-METAL

●全長:216㎝
●継数:2ピース
●仕舞:174㎝
●自重:110g
●適合ルアー:40~100g
●適合ライン:PE 0.6~1.2号
●カーボン率:92%
●価格:32,000円前後

楽天市場で見る Amazonで見る

タイラバゲームに求められる基本性能をしっかり抑えながら、軽さという要素を突き詰めた超軽量モデル。『X45』『HVFナノプラス』『チタンKガイド』などのテクノロジーをふんだんに搭載。マダイとのスリリングなやり取りを存分に楽しめるハイパフォーマンスモデルに仕上がっている。金属ならではの高感度をもたらす『メタルトップ』搭載で『乗せ』と『掛け』を追求した基本モデル。軽さ・素材・調子・曲がり・外観美、どれを取っても死角のない紅牙シリーズの中核をなすアイテム。


シマノ 炎月プレミアム B69ML-S

●全長:206㎝
●継数:2ピース
●仕舞:137.7㎝
●自重:130g
●適合ルアー:MAX100g
●適合ライン:PE MAX1.0号
●カーボン率:79.9%
●価格:40,000円前後

楽天市場で見る Amazonで見る

≪繊細さと追従性を追求したロングソリッドティップモデル≫
『高感度、アタリをハジかない、バラさない!』を徹底追求したノリ調子。 ティップには、シマノオリジナルの高強度・しなやかカーボンソリッド《TAFTECα》を搭載し、繊細さと追従性を実現。
クッション性に優れているので鯛ラバを一定速度でリトリーブしやすく、またショートバイトに対し吸い付くように追従してフッキング。
さらに潮流の変化やマダイがまとわりつく感触まで手元に伝える繊細なロッドアクションに仕上がっています。軽量の鯛ラバでも、その引き抵抗を明確に感じ取れるので、集中してゲームに挑むことができます。
マダイの激しい突っ込みには、ロッド全身がとことん粘ってバラしを抑制。鯛ラバゲームに求められる要素を高次元に満たし、日本各地のフィールドに対応するカーボンソリッドティップモデルです。

最高のロッドで最高の真鯛をGET!

タイラバは落として、巻くだけ。単純だけに奥が深いタイラバゲーム。
マダイ特有のガッガッガッという前アタリからの強烈な3段引き。トルクフルなファイトを是非、Myタックルで堪能してください!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


スポンサードリンク

 

フォローする